FC2ブログ

+1 ジャバちゃんの冒険

アメリカ在住・トリソミー21(ダウン症)のJabbaちゃんとの成長記録。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ アメリカ生活
CATEGORY ≫ アメリカ生活
      

帝王切開☆持ち物リスト

『帝王切開』で検索してこのブログにいらしてる方がボチボチいらっしゃる様なので、自分への覚え書きも兼ねて、入院時にあって良かった & あれば良かったな~ というものをリストアップしてみました。

尚、アメリカで出産している為、日本で出産する方にはあまり参考にならないかもです。さらっと読み飛ばしてくださいσ(^_^;)



◼︎ ストロー
麻酔が切れた後は上体を起こすのも一苦労。寝たままで水分補給ができる様に、ストロー、またはストロー付きのコップは必需品!

◼︎ バスローブ
患者さんは皆、背中がパックリ空いた患者用のガウンを着せられるので、NICUに行ったり、病院内を移動する時などには簡単に羽織れるものが欠かせません。

◼︎ ブランケット
病院内がアホの様に寒いくせに、シーツの様な綿のペラペラなブランケットしか支給されないので、自分のMyブランケットを持っていないと凍えます ((((;゚Д゚)))))))

◼︎ のど飴
術後は咳をするだけでも涙がちょちょぎれます。のど飴を舐めて事前予防。予め、クシャミを事前に止める練習をしておくとなお良しw

◼︎ 加圧ソックス
普段飛行機に乗ってもそんなに浮腫まない足が、まるで象の様に浮腫み、足首も行方不明に。浮腫みがすっかりなくなるまで1ヶ月以上かかりました。アメリカでは加圧ソックスが中々売ってなく結局買えず終いで終わってしまったので、次回は日本から事前に取り寄せます!

◼︎ サンダル
上記の加圧ソックスとダブりますが、足の浮腫みが酷く靴が入らなくなります。スリッパの様なサンダルでさえキツキツで苦しかったです。



ちなみに私の場合、傷は横切り。皮膚の切開口は医療用接着剤で止めただけで、抜歯等は必要ありませんでした。(中の筋肉層?は溶ける糸で縫合)

術後3日で退院しましたが、しばらくは車の乗り降りが一番辛かったです (T ^ T) 

退院後は、レギンスなど、適度に締め付けのあるものを好んで履いていました。逆に、マタニティ・デニムなど切り替えのあるパンツは、ちょうど切り替え部分が傷に当たって履けませんでした。

術後約8ヶ月の今、特に傷が痛むこともなく、一応結果良好といったとこでしょうか。

また何か思い出したら、その都度書き足していこうと思います。



スポンサーサイト




-------------------------------------------------------------------

在米ダウン症児の成長日記


Facebookで日記つけてます。
Facebookにログインしていなくても閲覧可能です。是非遊びにきて下さい☆



この記事に拍手する

Jabba家の週末

今週こちらは3連休。


Jabba-chanはまだNICUに入院中なので

今のうちに夫婦二人の時間を楽しんでおこう!!


というワケでレストランにご飯を食べに行ったり

映画を見にいったりと充実した3日間でした。


なかでも、初めて行ってみたファーマーズ・マーケット。


ファーマーズマーケット


新鮮なお野菜や果物はモチロンのこと

かわいい雑貨やお洒落な寄せ植え。

小腹に嬉しいスナックなどなど。


見てるだけでも楽しい♪


な・・なんと!!ウニまで 発見!!



このウニ、希望すればその場で半分に割ってくれるので

そのまますぐに食べることができちゃいます。


拳1.5個分位もある特大サイズなのに

これでたったの6ドル。 安~い♪ ・・・よね?


今回は勇気がなくてパスしちゃったけど、
次回絶対チャレンジします!!




-------------------------------------------------------------------

在米ダウン症児の成長日記


Facebookで日記つけてます。
Facebookにログインしていなくても閲覧可能です。是非遊びにきて下さい☆



この記事に拍手する